クレイン日記


図書出版クレイン の日々の記録
by cranebook
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ

ラジオ「むさしのFM」に出演しました。

2016年8月19日金曜日に、「むさしのFM」市民の会企画・コーディネート番組「発信!わがまち・武蔵野人」に出演しました。初めてのラジオ出演でしたが、とても楽しい時間で、よい体験になりました。この番組は、武蔵野市で生活されている各分野の人たちに、その活動について話してもらう20分の番組です。
クレインも事務所を吉祥寺に移して、今年で10年目になりますので、私ももう武蔵野人と言ってもよいでしょう。ねえ、そうでしょう。
c0154961_13151787.jpg
当日は、司会の亀井薫さんの質問に答えていく形で進行していきました。
話の内容は、第1回日本翻訳大賞を受賞した『カステラ』のことから、韓国文学のこと、「在日」に関することなどで、気がつけば、あっという間の20分でした。

まあ、私が言いたかったことは、韓国の現代小説がもっともっとここ日本で翻訳されてほしい、そしてそのことが、等身大の韓国理解につながり、それがひいては、日本社会の中での「在日コリアン」の認識の向上に繋がる、という、そのことに尽きます。
なにしろ、たとえ言葉ができない、一度として朝鮮半島を訪れたことがなかったとしても、日本国籍保持者ではないことによって、いまなお在日コリアンは、日本と朝鮮半島の関係の狭間で、生きざるを得ない存在なんです。ですから、日本と朝鮮半島の関係がより良いものになってくれることを希求せざるを得ないでしょう。そのことを伝えたかったんです。
リスナーとして幾人の方がおられたのかはわかりませんが、たった一人の方でよいので、私のこのような思いの一端が届いていれば、それは望外の喜びです。
c0154961_13162227.jpg
私に声をかけていただいた、市民の会のみなさま、そして司会の亀井さん、どうもありがとうございました。よい思い出をいただくことができました。

[PR]

by cranebook | 2016-08-25 13:18
<< サムルノリ公演に行ってきました。 金鶴泳のご友人の平山道子さんに... >>