クレイン日記


図書出版クレイン の日々の記録
by cranebook
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
[PR]

by cranebook | 2016-12-01 15:21 | 雑感

藤田嗣治展に行ってきました。

c0154961_15193550.jpg

現在、府中市美術館で開催されている「藤田嗣治展 東と西を結ぶ絵画」に行って来ました。
府中市美術館には、年に数回は行くでしょうか。けっこう興味のわく企画があって、近郊に住んでいる者としては、重宝しています。とにかく、府中市は財政に余裕があるのでしょう。私の住んでいる小金井市と比べると、美術館の規模と企画の幅が違いすぎます。閉館時間が早いのだけが不満ですが。

そして、今回は藤田嗣治展です。私はなぜか藤田嗣治が好きで、展覧会には何度か訪れています。
彼の描くパリの風景が小気味よくて、観ているとほっとするんです。あとは、南米の女性たちの描写でしょうか。彼女たちの眼差しがとてもいいんですね。etc

ただ、今回は藤田の戦争がの三点をじっくりと観ました。
「アッツ島玉砕」「ソロモン海域に於ける米兵の末路」「サイパン島同胞臣節を全うす」の三点です。
ともに東京国立近代美術館が無期限貸与している作品です。
「玉砕」「臣節を全うす」「米兵の末路」などの作品名からは、たしかに、戦意高揚のための絵画であると考えて間違いないのでしょうが、その絵の前に立ってじっくりと観ると、とくに「アッツ島玉砕」などは、反戦画としても、成立するように思いました。

c0154961_15202616.jpg

発表当時は、観客がこの絵の前で跪いたり、手を合わせたり、などして、絵の中の兵士たちへの哀悼の思いを表したそうですが、そんな中に、戦争の悲惨さを感じ取った観客が幾人かいたのではないでしょうか。もちろん、一方でその絵に刺激されて銃後の守りを固く誓った人々も、また存在したのでしょうが。

そんなことを思いながら、その戦争画の前でしばらく佇んでいました。


[PR]

by cranebook | 2016-12-01 15:20 | 雑感