クレイン日記


図書出版クレイン の日々の記録
by cranebook
リンク
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
[PR]

by cranebook | 2016-12-01 15:21 | 雑感

藤田嗣治展に行ってきました。

c0154961_15193550.jpg

現在、府中市美術館で開催されている「藤田嗣治展 東と西を結ぶ絵画」に行って来ました。
府中市美術館には、年に数回は行くでしょうか。けっこう興味のわく企画があって、近郊に住んでいる者としては、重宝しています。とにかく、府中市は財政に余裕があるのでしょう。私の住んでいる小金井市と比べると、美術館の規模と企画の幅が違いすぎます。閉館時間が早いのだけが不満ですが。

そして、今回は藤田嗣治展です。私はなぜか藤田嗣治が好きで、展覧会には何度か訪れています。
彼の描くパリの風景が小気味よくて、観ているとほっとするんです。あとは、南米の女性たちの描写でしょうか。彼女たちの眼差しがとてもいいんですね。etc

ただ、今回は藤田の戦争がの三点をじっくりと観ました。
「アッツ島玉砕」「ソロモン海域に於ける米兵の末路」「サイパン島同胞臣節を全うす」の三点です。
ともに東京国立近代美術館が無期限貸与している作品です。
「玉砕」「臣節を全うす」「米兵の末路」などの作品名からは、たしかに、戦意高揚のための絵画であると考えて間違いないのでしょうが、その絵の前に立ってじっくりと観ると、とくに「アッツ島玉砕」などは、反戦画としても、成立するように思いました。

c0154961_15202616.jpg

発表当時は、観客がこの絵の前で跪いたり、手を合わせたり、などして、絵の中の兵士たちへの哀悼の思いを表したそうですが、そんな中に、戦争の悲惨さを感じ取った観客が幾人かいたのではないでしょうか。もちろん、一方でその絵に刺激されて銃後の守りを固く誓った人々も、また存在したのでしょうが。

そんなことを思いながら、その戦争画の前でしばらく佇んでいました。


[PR]

by cranebook | 2016-12-01 15:20 | 雑感

サムルノリ公演に行ってきました。

 2016年10月23日に、ほぼ20年ぶりに埼玉県日高市の高麗神社に行って来ました。西武高麗駅に降り立ったのも、20年ぶりです。
 高麗郡建郡1300年を記念して、韓国のパーカッショングループ「サムルノリ」の公演を観に行くのが目的でした。メンバー四人のうち三人が創立メンバーという公演は、おそらく日本では最後だろうということもあり、久し振りに高麗神社に足を運びました。

c0154961_13130284.jpg
c0154961_13120958.jpg

 「サムルノリ」が高麗神社で講演をするのは、30年ぶりのことです。当時は作家の中上健次などが中心になって招請したと聞いています。
 30年の時を経て、メンバーはすべて老齢、私を含めて30年前に「サムルノリ」公演を高麗神社で観た観客も、ほぼ老齢。そんな時を経て、久し振りに観て聞いた「サムルノリ」の演奏は、往時に負けないダイナミックなものでした。ほんとよくやるわっていう感じでした。なつかしいチャンダン(リズム)を聞くと、やはり自然と身体が動き出します。

c0154961_13151364.jpg

 会場には、かつて一緒に韓国の打楽器を叩き、「サムルノリ」のワークショップに参加していた仲間が、全国から集まっていました。そんな旧友と再会できたのも、うれしいことでした。みなさん、またいつか会いましょう。それまでお元気で。

 チャンゴをはじめ、韓国の打楽器の練習から離れて、ほぼ20年になりますが、老齢の身体にむち打って、たまには叩いてみようかという気にさせてくれました。ひょっとして、五十肩に良かったりして。まあ、そんな冗談はさておき、ほんとに楽しいひとときでした。
「サムルノリ」よ、ありがとう。またいつかどこかで会おう。


[PR]

by cranebook | 2016-11-02 13:15 | 雑感

呉徳洙監督をしのぶ写真展に行ってきました。

2016年8月5日の金曜日に、在日韓人歴史資料館で開催されている〈呉徳洙(オ・ドクス)監督をしのぶ写真展〉に行ってきました。
在日韓人歴史資料館に行くのも久し振りのことでした。「在日朝鮮人とハンセン病」というタイトルでお話しをされた金貴粉さんの講演を聴きに行って以来ですから、2年ぶりになります。

2年の歳月を経て、今回は呉徳洙監督の写真展というわけです。呉監督は、1984年の『指紋押捺拒否』や1997年の『戦後在日50年史 在日』なとで知られた在日の監督です。しかし昨年2015年の12月3日に74歳でお亡くなりになりました。合掌。
生前に呉監督から、弊社刊行の『金鶴泳作品集』への感想をいただくことがあり、それ以来、たまにお電話をいただいたりしては、叱咤されておりました。「君は若いから、まだまだ暴れることができるじゃないか、うらやましい」といった感じです。そんなときは、電話口で、「いえいえ、そんなに若くはないですよ、それに暴れるっていっても……」と応えては苦笑していたものです。「いやー、呉さん、あなたは若い」。
c0154961_16410448.jpg
写真展は、先に挙げた映画の撮影風景を中心に構成されており、呉監督の、まさに往時をしのぶものになっていました。それになんといっても、私の知り合いがけっこう写真の中にいるではないですか。出演者として、助監督として、プロデューサーとして。世界は狭い狭い。

そんな写真展ですが、会場には、呉さんの近年のヘイトスピーチに対するコメントも貼り出されていて、そこには、かつて在日に義務づけられていた「指紋押捺」を14歳の時にはじめておこなったことに触れられていました。在日は、ここ日本社会で「在日」であることを、この「指紋押捺」という行為によって知らしめられます。14歳という思春期真っ只中で男女を問わず、知らしめられるんです。そう、私も知らしめられました。初めての「指紋押捺」のために中学を午前中休んで、京都の伏見区役所に出向いたことを、呉さんの文章から、強烈に想起させられました。外国人登録課に出向くのですが、それがまた奥まった暗い場所にあるんです。さも、社会の陰部ででもあるかのように。なんでやねー。その時の光景は、いまでも忘れられません。忘れる気などさらさらありませんが。

その「指紋押捺」という行為が、呉さんの映画や、その映画に出演した人々、そして支援者の力によって廃止されることになったのですから、呉徳洙という映画監督を、忘れるわけにはいかないじゃないですか。
c0154961_16472464.jpg
2016年7月の都知事選挙には、元在特会の会長だった桜井豚誠が立候補しました。この豚は公職選挙法を隠れ蓑にして、ヘイトスピーチをまき散らしました。
また、次回の都議会議員選挙では、政党をつくって多くの豚どもを世間にまき散らそうとしています。ぜったいに許すことができません。
こう書いているだけで腹がたってきましたので、今回は支離滅裂ですが、どうかお許しを。

さて、世の中は、けっして良い方向だけには進んでいませんが、呉徳洙監督、安らかにお休みください。
叱咤をありがとうございました。

[PR]

by cranebook | 2016-08-08 16:47 | 雑感

ドキュメンタリー『抗いの記』の試写会に行ってきました。

6月10日の金曜日に、千代田区立日比谷図書文化館でおこなわれた『抗いの記』の試写会に行ってきました。
これは、福岡県の筑豊を拠点に、朝鮮人の炭坑への強制労働の問題や特攻隊の実態などの戦争と平和をテーマに数々のルポルタージュを世に送り出してきた、林えいだいさんの活動を記録したドキュメンタリーです。

とても感動的な作品でした。なにしろ、しばらく前に、林えいだいさんの著作をいくつか読んでいたものですから、その人物像に映像で触れることができたことには、ひとしお感慨がありました。彼が語った「強制労働や労働現場での虐待などの朝鮮人問題は、近代日本の原罪だ」という言葉には、大いに納得させられました。

また、神主であった彼の父親は、炭坑の労働現場から逃亡した朝鮮人を匿まり、援助をしていたそうです。それゆえ、憲兵隊に捕まり拷問され、釈放後まもなくして亡くなっています。「非国民、国賊」と権力から罵られた父親のことを忘れることなく、その子どもとして生きていくことを、林さんは誓ったそうです。つまり「非国民、国賊の息子」として。そのことが、彼の表現活動の根源に横たわっています。また、父親の亡骸を母親とともに火葬したこともが語られます。

彼の著作目録を見て、私は、よくぞここまでしぶとく、戦争と平和についてのルポを書いたものだと感心していたのですが、その理由の一端がわかったような気がしました。
来年の劇場公開に向けて、現在、宣伝活動をしています。また、自主上映会開催の方法もあります。詳しくは制作・配給のグループ現代のHPを参照ください。

みなさん、機会がありましたら、ぜひご覧になってみてください。

余談になりますが、上映後に、西嶋真司監督と、映画のナレーションを担当した田中泯さんによる、東京新聞の論説委員の女性の司会の下でのトークショウがありました。
これまた楽しいトークでした。とくに田中泯さんは、言うわ言うわ、マスコミのだらしなさを。その言葉に会場は大盛り上がりでした。ともかく、良い時間でした。
ちなみに、林さんは、私の父と同い年でした。
c0154961_17283626.jpg

[PR]

by cranebook | 2016-06-14 17:32 | 雑感

日本民藝館に行ってきました。

2016年5月3日(火曜日)に日本民藝館に行って来ました。現在開催中の「朝鮮工芸の美」を観覧するためです。
展示されている300点に及ぶ出品作品は、いずれも日本民藝館所蔵のものですが、1600点の中から選りすぐったものということです。
李氏朝鮮時代(14世紀末~19世紀末)の作品が中心でしたが、さすがに民藝というだけあって、生活に密着した工芸品の数々が、所狭しと陳列されておりました。
壺、机、台座、お椀、皿などの類です。
それにしても、工芸品を眺めながら思ったのは、柳宗悦や浅川伯教・巧兄弟のような、朝鮮工芸に興味・関心を持ち、後世のために蒐集活動に励んだ先人たちのことです。
彼らに対しては、いまなお様々な評価が存在していますが、その工芸への愛はいずれにおいても確かなものがあったに違いありません。
そのことを諒として、有意義なひとときを過ごしました。
6月12日まで開催しています。ぜひ、お時間があれば観覧してみてください。

[PR]

by cranebook | 2016-05-06 17:17 | 雑感

第2回日本翻訳大賞の授賞式に行って来ました。

昨夜(2016年4月24日)は「第2回日本翻訳大賞」の授賞式に行って来ました。
昨年(2015年4月19日)は、『カステラ』が大賞を受賞したこともあり、関係者の立場での参加でしたから、式の全体を見通すことはできませんでした。

今年は、一参加者として会場に座していましたので、式の全体を見通すことができ、ゆっくり楽しむことができました。

c0154961_19543059.jpg

そうした立場で参加して感じたことは、翻訳書を取り巻く世界の豊かさということでした。また翻訳者という存在のすばらしさということでした。

今回大賞を受賞された関口涼子さん(『素晴らしきソリボ』)と金子奈美さん(『ムシェ小さな英雄の物語』)の翻訳にかける思いからも、そのことはうかがわれます。
お二人は、それぞれクレオールとバスク語を翻訳されました。
ご存知のように両言語はマイナー言語です。
バスク語にいたっては、一時期消滅の危機を迎えていたというではないですか。そんな言語を翻訳しようとされたお二人ですから、その言語への愛情が強く感じられました。

そして、その愛を日本語にして、日本の読者に伝えたいとの思いが、びしびしと伝わってきました。

お二人がその言語を翻訳することで、両言語の存在が日本の読者に感受されることになるわけですから、それは、翻訳内容以前に、言語紹介にもなるわけです。

つまり、この日本社会に、マイナー言語の存在を知らしめるという役割も、その翻訳作業は果たすことになるんですね。

そんな翻訳者がいなくてどうする。それが翻訳するということでもあるはずです。

そんなことを自問自答しながら、2時間半を充分に楽しませていただきました。
また、一年ぶりにお会いする方も幾人かいて、そうした方からは、クレインの今度の翻訳書はいつ出るんですかと聞かれる始末で、その答えには、正直窮しました。はい、がんばります。

主催者のお一人で賞の選考委員でもある翻訳家の西崎憲さんによると、日本翻訳大賞は10年続ける、とのことでした。ということは、あと8回チャンスがあるわけです。
その間にぜひもう一度大賞を受賞したいものです。

c0154961_19543059.jpg

いずれにしましても、授賞式を企画・運営された皆さま、当日会場に来られた皆さま、また来年お会いいたしましょう。
楽しくて感動的なひとときをどうもありがとうございました。


[PR]

by cranebook | 2016-04-25 19:55 | 雑感

ブログ表示の問題

現在ブログの表示の調子があまりよくないので、ご迷惑をおかけしています。
対処するようにいたしますので、しばらくお待ちください。


[PR]

by cranebook | 2016-02-23 18:37 | 雑感

詩人尹東柱とともに2016に参加しました。

 2月21日の日曜日に立教大学のチャペルで開催された「詩人尹東柱とともに2016」のイベントに参加してきました。
c0154961_14412410.jpg

 立教大学は尹東柱が1942年の2月から10月まで在学していたこともあり、立教大学関係者が中心となってこのイベントは開催されています。また、尹東柱が27歳の若さで福岡刑務所で獄死したのが、2月16日であったということもあって、毎年この時期に開催されています。このイベントに私は初めて参加させていただきましたが、尹東柱の詩の日韓語朗読をはじめ、老若男女が参加する暖かな雰囲気の中でイベントは行われました。

 イベントには講演会が用意されており、今年は獨協大学国際教養学部特任教授で日韓文学関係史がご専門の沈元燮(シム・ウォンソプ)氏が、「青年尹東柱の内面の闘いの記録」と題してお話しをされました。沈さんは、ご自身が韓国近代詩を専攻されていたこともあり、尹東柱の主要な作品を丁寧に分析し、その詩作の変化と共に、尹東柱の内面がどのように変わったのか、ということを尹の青年期の内面の成長過程とオーバーラップさせながら、淡々と落ち着いた口調で話されていました。
c0154961_14431416.jpg

 今回初めて参加してわかったことがあります。それは、尹東柱は多くの人々に愛されているということです。
 とくに韓国では、まさに老若男女がその詩を口ずさみ、彼への思いを折りにつけ表現するというではないですか。
 だからこそ、その詩と尹東柱という人への様々な解釈と評価が生まれているのだと思います。それが時にナショナルな性格を帯びたものになることも、ある意味当然のことでしょう。
 なにしろ、治安維持法違反の罪に問われ、民族独立運動をしたという罪で2年の刑が確定し、その後27歳で獄死するという人生を歩むことになるのですから。

 立教大学関係者の皆さんと、詩人尹東柱を記念することに賛同される人たちによって、いつまでも尹東柱が忘れられずに語り続けられる。そのことはほんとうにすばらしいことだと実感した一日でした。

 阪堂さん、宮地さん、楽しかったですね。
c0154961_1444928.jpg

[PR]

by cranebook | 2016-02-23 14:46 | 雑感

2月に入りました。

はや、2月に入りました。
昨年来からの編集作業と、新年早々に追加された作業が重なり、かなりハードな状況が続いていました。
が、ようやく、次の展開が見渡せる状況になりました。

年々、年齢を重ねるとともに、仕事の処理能力が衰えてきています。それは実感するところです。
春先には、新刊『金達寿―朝鮮と日本を問い続けて』(仮題)を刊行いたしますので、楽しみにしておいてください。
そのあとは、『抗路』2号と続きます。

まだまだ頑張らないといけません。
[PR]

by cranebook | 2016-02-04 18:05 | 雑感